英語のヒアリングに強くなる方法

自分の言いたいことは何とかなるが、聞く方となるとさっぱりと嘆く人が多いようです。聞いて分からないという人は、そのわからない原因がどこにあるのかをまず考えてみることです。目で見るとわかるが、耳で聞くと分からないということなのか、それとも目で見ても、やはりその英語そのものが分からないのか、ということです。「文字で見れば分かる」という人は、どんどん生の英語を聞いて耳を慣すほかありません。「文字も分からない」という人は、まず英語力の基礎作りから始めなければなりません。海外のニュースを聞いて、どうも良く分からないという人が多いですが、これはとても耳の慣れでどうにかなるものではありません。大抵の人はニュース原稿を見て、その英語の難しさに吃驚するものです。

もうひとつ大切なことは、個々の発音ばかりでなく、英語特有のリズムに慣れることです。英語は、日本語と全く異なったリズムを持ち、強いところと弱いところがはっきりしています。しかも強いところはゆっくり、弱いところは早く読まれるというやっかいな性質を持っています。私達日本人は、どうしてもその「弱くて早いところ」を聞き逃してしまう傾向にあるようです。このリズムの問題は、自分が英語を話すときにも、大きな問題になります。

つまり、通じる英語と通じない英語の分かれ目となるわけです。話し言葉は、一種のリズムによるダンスです。こちらが正しいリズムで話せるということは、相手の正しいリズムにも迎合でき、自然に反応しあって、その内容も互いによくわかり合えると言えるでしょう。このことを頭に置いて、大いに英語を聞いてください。今までと全く違った響きと共に、耳に飛び込んで来るはずです。