小学校の子ども英語教育

小学校の子ども英語教育

英会話にさらにもう一か国語話せるという人も少なくない現代、日本もグローバル社会を迎えたと感じます。数年前までは、英語とは教養として見に付けておくもの、学校で学ぶものといったイメージがあったが、現代では最低限必要な知識ではなく、第二言語として必要なスキルへと変化しています。

大企業ではもちろん、中小企業でもビジネスで使う機会は年々増えており、社内の会話は英会話という企業もあるほど。こうなると、英語の習得は早く始めるに越したことはない。とはいっても、わが子が嫌がっているのに無理に英会話教室に体験に行くなど、押し付けても、本人の興味がなければ続かないのも事実です。

子どもが自然に関心を持った時に親としてどううまくサポートしてあげることができるかが大事ではないでしょうか。最近では小学校からの英語教育にも熱が入っています。

英語教育のスタートは、高学年からといったところが多かったのが、3年生に引き下げられることも見込まれているとのこと。学歴にあまり差がない状態から英語の勉強が始まるので、より自由な環境で英語に触れることができます。

日常生活でも、小学校低学年といえば、生活に最低限必要のことが1人でできるようになる年頃です。学校では読み書きや計算の勉強も始まり、学校での英語教育もより実践的なカリキュラムに変化します。高学年は、同級生との学力の差が生まれ始める年代でもあり、その前の時期に英会話をしっかり学んでおくことで、より親しみながら学習できると感じています。