英語の勉強は今後も長く続けていきます

学生時代は英語に興味がなかったのですが、社会人になり海外旅行に行くようになってから英語に興味を持つようになりました。海外で英語が話せればとても便利だし、現地の人達ともコミュニケーションをとる事が出来るので、英語を話せるようになりたいなと思いました。最初はテレビやラジオの英語講座を利用して独学で勉強をしていました。しかし独学の場合、わからない事があった時にすぐに解決する事が出来ず、中々勉強がはかどりませんでした。 続きを読む

一度英語圏へ行くと世界が広がる

私は英語圏に2度留学したことがあるのですが、そのうちの1度は長期滞在だったのでそこで友達もたくさんできました。また、日本にいる時にできた留学生の友達が母国に帰った後なども、フェイスブックでやりとりをしています。そうすると良いことが、フェイスブックで繋がっているので、海外の情報もどんどん飛び込んでくるということです。最近では、日本に先駆けて配信されたポケモンGOなんかの情報があふれていましたね。「こんなポケモン捕まえた!」という話題で持ちきりでした。 続きを読む

英語学習する際には英語学習ブログが便利

英語学習する際には英語学習ブログが便利

わたしは英文法がどうしても弱いんです。それで英語学習の際に文法の復習メインでするように最近はなりました。文法書を使ってやるのも良いのですが、この頃はインターネットで調べて、その用法などについて詳しく書かれている英語学習ブログを参考にしながら勉強しています。

文法書とは違って軽い言い回しが載っていたりして勉強になるんですよね。ひとつの用法についていくつか英語学習ブログを開いてやっています。そういうやり方であれば例文をたくさん見ることができますからね。英語学習ブログによって微妙に違うことが書かれていたりすることもあるのですが、そこはしかたないですね。 続きを読む

英語の勉強についてわかってきたこと

英語の勉強についてわかってきたこと

英語にかぎらず外国語の勉強は、自分がどういう人と話したいのかを決めて勉強しろと言われています。この言葉の意味が最近わかるようになりました。

以前はとにかく使えるようになりたい、しゃべれるようになりたいという気持ちだけで英語の勉強をしていました。なので始めてはすぐに方向性を見失い、やめてしまうという悪循環を繰り返していました。

どういう人と話したいかを決めるというのは、それによって身につけるべき英語が変わるからです。英語で仕事をする予定がない人がビジネス英語を勉強するのはきついですし、逆に仕事で英語を使う人が気軽な日常会話を身につけても、それだけでは仕事ができません。
続きを読む

副業のためにオンライン英会話(スカイプ英会話)を始めた

副業のためにオンライン英会話(スカイプ英会話)を始めた

子供が出来て今後会社だけの給料だけでは妻がやりくりが難しいと相談をしてきたので、久しぶりの英語の勉強をすることにしました。

大学時代は観光業のアルバイトをしながら国際観光について研究していたのですが、今の会社に入社してからは英会話から遠ざかっていました。そこで知り合いに会社に頼んで土日だけまた外国人相手の観光案内や旅行手続きの副業をすることになりました。

英語は使わないと忘れてしますとはよく言ったもので、私も英会話の勘を取り戻すために苦労していました。そこで少しでも外国人との会話をする機会を増やすためにオンライン英会話(スカイプ英会話)の受講を始めました。 続きを読む

TOEFL iBTテスト 試験当日の注意点

TOEFL iBTテスト 試験当日の注意点

英語にそれなりに自信がある人の中には、TOEFLの当日の流れを確認しないまま試験に臨んでしまう人もいます。しかし、TOEFL iBTテストは数ある試験の中でもクセがあり、試験当日の乗り切り方に失敗すると、実力を大きく下回る点数を取ってしまうこともままあることです。

当日の時間割から見ていきましょう。まずReading, Listeningセクションがおよそ1時間~1時間半ずつ、それから10分間の休憩を挟んで、Speakingセクションが20分間、Writingセクションが50分間となっています。ハードなのはおよそ4時間半のテストで休憩がたった10分間しかないこと。それ以外の時間はひたすら問題を解きまくる、体力勝負の試験といえます。 続きを読む

英文法を覚えるなら、大学受験用の参考書がベスト!

英文法を覚えるなら、大学受験用の参考書がベスト!

英文法を正しく習得することは、英語学習のなかで意外にも、最も難しいことだと思います。なぜならば、ネイティブでさえ正しい英文法で話している人など、おそらく1人もいないからです。

英語で書かれた小説も、新聞も、映画も、共通語でキャスターが読んでいるだろうニュースも、完璧に正しい英文法ではありません。ほとんどは略した言葉で、言いやすいように書かれたり、話したりしているのです。さらに英語が第二外国語に該当する人たちの話す英語は、ブロークンイングリッシュと呼ばれます。直訳すれば「壊れた英語」です。伝えたいことを最低限、相手に伝えることができれば構わない、そんな英語なのです。 続きを読む

私にとって海外旅行は頑張る気持ちの源です!

私にとって海外旅行は頑張る気持ちの源です!

私は19歳から、ほぼ毎年海外旅行に行っています。なぜ海外旅行が好きかというと、そこの地でしか体験出来ないことがあったり、その地でしか見られない建造物や自然などがあるからです。

若い頃は特にお金もなかったので、グレードの低いホテルを選んで安い旅行をしていました。私は今は40代なので、かれこれ20回以上は海外旅行に行っています。なので行った相手も様々。ほとんどが友人ですが、相手によっては喧嘩することもありました。海外旅行は疲れている上、自由時間も有効に使いたい!とお互いが思うので、どうしても喧嘩になってしまったりするんですよね。ですがそれも後になればいい思い出です。また行き先も年齢によって微妙に変わりました。 続きを読む

小学校の子ども英語教育

小学校の子ども英語教育

英会話にさらにもう一か国語話せるという人も少なくない現代、日本もグローバル社会を迎えたと感じます。数年前までは、英語とは教養として見に付けておくもの、学校で学ぶものといったイメージがあったが、現代では最低限必要な知識ではなく、第二言語として必要なスキルへと変化しています。

大企業ではもちろん、中小企業でもビジネスで使う機会は年々増えており、社内の会話は英会話という企業もあるほど。こうなると、英語の習得は早く始めるに越したことはない。とはいっても、わが子が嫌がっているのに無理に英会話教室に体験に行くなど、押し付けても、本人の興味がなければ続かないのも事実です。 続きを読む

なんてお呼びしたら良いのでしょうか

なんてお呼びしたら良いのでしょうか

今、世の中は「グローバル化」なんて言葉が流行ってますが、数年前、私の働いている会社もこの「グローバル」の波に呑み込まれてしまい、とうとう外国の会社が親会社になってしまいました。そうなると、外国人の偉い方がやってきて、何だか分からないうちに、上司も外国人になって、「おはようございます」じゃなくて、「ハロー」って言いながら出勤するようになったわけです。

そうなると、ミーティングにも通訳が入ってきたり、資料も英語版も作らなくてはならなくなったりで、今まで以上に「英語」に関連する一般業務も増え、更に忙しくなる訳です。さて、そんな中、会社ではビジネス英会話講座が開始されました。もう、ビジネスで英語を使わざるを得ない環境になってしまった訳で、ここで遅れを取る、それはイコール昇進、昇給にも響く。 続きを読む