SEO対策するなら被リンクをもらうときのアンカーテキストも重要

SEO対策をかけたいホームページを持っている場合、サテライトサイトをたくさん作ったりリンクサービスを利用する方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、サテライトサイトやリンクサービスからのリンクパワーが有るか無いかということではなく、アンカーテキストについて掘り下げて解説してみたいと思います。

まず、アンカーテキストとはテキストリンクでaタグを貼るときのテキスト部分のことを指します。

そこに記述したテキストでの被リンク効果があります。

yahoo!japanであれば、「ヤフー」とアンカーテキストでリンクを貼ることによって、「ヤフー」での検索順位も上がるということです。

「ヤフーなんて大手なんだからそんなことしなくても勝手に上位になるでしょ」

と思われるかもしれませんね。

それも当然な考え方なのですが、なぜここでヤフーを例に上げたのかというと、「18歳未満」という言葉で検索してみてください。

ヤフーが1位だと思います。

ヤフーのサイトのタイトルにそんな語句はありませんし、メタディスクリプションにもメタキーワードにも18歳未満などという記述はありません。

ではなぜ18歳未満という言葉で検索1位なのか。

それは、多くのアダルトサイトの年齢認証の項目で「18歳未満」のリンクがヤフーのトップページになっているからです。

アンカーテキストで認識されているということですね。

これを踏まえて考えると、自分が運営しているサイトのSEO対策を考えたとき、検索結果に表示させたい語句をアンカーテキストでリンクをもらうことによって順位を上げることができるということですね。

SEO対策